恋人や配偶者から暴力をふるわれる、それがDV(地域によっても発生する割合が畭なるそうです)です。DVときくと、殴ったり蹴ったりのイメージが強いなのです。でも、暴言や友人との付き合いなどを制限すると言う精神的に損傷を与えることも、DVの一種となっています。しかし、こういう被害にあっていても、大半の女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)は誰にも相談することができずに、ひとりで悩みを持つ人がほとんどのだとか。近年では、以上のようにDV(アメリカでは男性用のシェルターもあるそうです)被害にあっている女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)が増加している事実を受け、政府が「配偶者(夫にとっては妻、妻にとっては夫のことをいいますね)暴力防止法」という法律を制定しました。この法律に基づき、国や都道府県・NPO団体などが被害者に対していろんな支援を行うようになったのです。かつては、政府が行っている支援として、「パープルダイヤル」というシステムがありました。これは24時間無料でDVに関する相談を電話で行ってくれる窓口で、内閣府が行っていた支援です。このシステムは期間限定で行われていたのですが、これを受けて内閣府は「DV(地域によっても発生する割合が畭なるそうです)相談ナビ」という全国どこからでも電話で相談をする事の可能な窓口システムを開始しました。ここに電話をして、音声ガイドに従って操作していくと、最も近いDVの相談窓口を紹介してもらうことが出来ます。都道府県や自治体などには、「配偶者(当たり前ですが、婚姻関係を解消すると配偶者ではなくなります)暴力相談支援センター」が設けられています。これも電話で相談出来るようなシステムになっていますから、DVの被害で悩んでいる方がみじかにいる場合や被害にあっている方であれば、すぐにでも電話をして相談すると良いですよ。1人で悩まず、相談することが早期解決への糸口といわれているようですー